リップルとビットコインには、どんな違いがあるの?

ビットコインと言えば、仮想通貨の代表的な存在だと言えると思います。その為、初めて仮想通貨に投資する人は、ビットコインから始める事と思います。

 

そんなビットコインに並び、今後、仮想通貨の代表的存在になると言われているのが、リップルです。あのGoogleが投資したことによって一躍有名になったリップル。その為、今後の飛躍が大きく期待されている、そんな仮想通貨になっています。

 

リップルとビットコインの違いは、まず、仕組みの違いにあります。ビットコインの場合、総量に限界が設けられています。その為、残量が少なくなると言ったデメリットがあると言えるのです。

 

一方、リップルの場合は、総量などの限界はなくリップルであらゆる通過を購入する事が可能になっています。ドルはもちろん、ユーロや円、その他、ビットコインまで購入する事ができるのです。この仕組みは、ビットコインと大きく違ってくるかと思います。

 

とは言っても、リップルにもコインの上限は設定されています。ビットコインの場合、2,100万枚に対しリップルの場合、1,000億枚と50倍もの差が上限として設定されています。

 

このように細かな仕組みが異なっているリップルとビットコイン。両方の仮想通貨を使用する楽しみ方も可能ですし、どちらか一方、自分好みの方を利用する方法もお勧めになっています。

 

リップルの場合でも利用開始は簡単で2分ほどの会員登録でOKです。その後も説明通り行えば難しいと言う事は一切なく、進めていく事が可能かと思います。

アルバイトのネット応募は手軽だけどコツが必要

最近バイトの応募方法が電話だけではなくネットでできるところも増えていますよね。
応募する際にどちらが良いとか悪いとかあまり深くは考えていなかったのですが、どちらにもメリットデメリットというのが少なからずあるみたいです。

 

私は今回ネット応募を試してみようと思っていたので色々調べてみると、採用する側にとっては忙しい時間に求人を見て掛けてきたという電話対応をしなくて済むという点ではとても好印象を与えるとのことなのです。

 

また、自分の都合の良いタイミングで応募者に連絡ができるというメリットがあるそうです。
採用されるためのコツとしては、電話と違ってどういった人物なのかという印象を相手側に与えづらいというデメリットがあるので、応募フォームには熱意を感じさせる文章をあまり長くなり過ぎない程度に記入した方が良いとのアドバイスを受けました。

 

バイトの求人を出すと多数の応募が来るという事もあり、採用側は何人もの応募フォームを読まなくてはならないということもあり、ダラダラと長文を記入したり、空白を残したまま送信するのはあまり印象が良くないので避けた方が良いみたいです。

 

採用する側の立場にたってみて、ぱっと目を惹く印象的な文章を考えてみようと思います。

 

他の人とは差が付く志望動機を考えていると何だか楽しくなってきました。
まずは面接をしてもらえるようにネット応募を頑張ってみます。

在宅ワーク初心者が始めやすいライターの仕事

景気が上向いているとはいえ、円安で物や電気代の値段が上がって生活はなかなか豊かにはならないという実感を持っている人にとって副業して少しでもお金を稼ぎたい、貯金をしたいという気持ちになるものです。

主婦であれば家事、子育てなどで外出が容易ではない人も多いですし、仕事を持っている人でも帰宅後に自宅で仕事ができればそれはありがたいものです。それでクラウドサービスのサイトからライターの仕事を始めてみるというのはよいことです。

 

そうしたクラウドサービスの中でも人気なのがモッピーワークスであり、げん玉クラウドです。どちらも初めてライターとして記事を書くには入りやすいサイトです。どちらかというとモッピーワークスの方がげん玉クラウドよりも文字数が少なくて、書きやすい案件が多いように思えます。

 

単価はいろいろですが、400文字であれば80円から100円くらいが多いです。簡単な説明文を書いたり、体験談を書くものもあります。美容系や金融系の案件などもあり、こうしたものは単価が高めになっていることが多いですからそうした情報を日頃から収集しておくことは大きな助けになります。

 

毎日こつこつと書いていけばどんどんポイントが貯まっていきます。1日3-4記事書くことができれば1ヶ月1万円くらいを稼ぐことができますし、もう少し頑張れば3万円から5万円くらい仕事ができますし、それ以上の収入を見込むこともできます。

 

ライターという仕事は始めは難しいと感じるかもしれませんが、すぐに慣れてすらすらと書けることも多いのです。試してみる価値はあります。

モッピーとげん玉のメリット・デメリット比較

1日ちょっとした作業でお小遣いが稼げたらいいですよね。
そんなポイントサイトがたくさんありすぎて一体どれがいいのかわからなくなりませんか。

 

ポイントサイトで稼げる!と言われているのが『モッピー』と『げん玉』ですね。
それぞれの良いところ悪いところを見てみましょう。

 

モッピー

 

まずはモッピーから。
モッピーはポイント換金の最低換金額が低いのが魅力です。
手数料等かからずに換金したい場合のおすすめはWAONポイントに換金することです。
手数料もかからずリアルタイムで換金され600ポイントからOKです。
現金への交換なら300円~、楽天edyでは1円~換金できちゃうんですよ。
ポイント交換先が現金や電子マネーだけでなく、ギフトカードなど様々なものに対応しています。
そしてなんといっても初心者でもポイントを稼ぎやすいサイトです。

 

デメリットをあげるとしたら、パソコンでしかサイトを利用しない場合です。
パソコンではポイント交換先が限られてくるということでしょうか。

 

げん玉

 

続いてげん玉です。
こちらもモバイルとパソコン両方からアクセスすることができます。
ポイントを獲得できるコンテンツが豊富というのが魅力です。
ゲーム、アプリのダウンロード、資料請求、げん玉経由での買い物によるポイント還元など豊富です。
友達紹介のポイント還元率が高いというのも魅力ですね。

 

デメリットは友達紹介以外だとさほどポイントがたまらないということでしょうか。
地道にゲームやショッピング、資料請求、会員登録なのでポイントを稼ぐとなると換金できるまでに結構な時間がかかります。
コツコツ続けることができない人には不向きかもしれません。

 

以上モッピーとげん玉のメリットデメリットをあげてみましたが、どちらか1つに登録するならモッピーの方がおすすめだと思います。
両者利用したい友達紹介も有名なサイトなので自分のブログなどに載せても「すでに登録済み」という人も多くポイント獲得は難しいのが現状です。
お友達紹介に頼らないということを前提にするとやはりモッピーでしょう。